job hiring
  User name  
  Password   



トップ

【英語教材】 おすすめ教材×活用法

  まとめると
英語勉強で最も大切といえるのはやっぱり一緒に勉強する相棒といえる教材はみなさんやはりよりいいものを選んで勉強したい!なんて思われるかもしれません!
ここで今回は、自分に合う教材選びのコツを少しご紹介したいと思います!

よりいい教材選びはより勉強へのモチベーションを高く維持し楽しく英語を勉強するキーポイントです!

教材、種類と効果

教材選びはビジュアルがポイント?



英語の教材は文法について細かく書かれていることも多い分とっつきにくい教材だと読む気持ちが段々薄れてくることも多いのではないでしょうか?

そこでおすすめする教材選びのコツを紹介!

・自分から見て興味が持てる教材

例えば…
カラフルで絵が比較的多い教材

長く付き合っていく教材あるので読んでいてストレスが少ない教材がいいかと思います。


・付属の答えに説明が細かくされているもの

教材の中にはミニテストやトッピクごとに単元別テストがあったりするかと思います。その答えのページに解説がついていた方が間違えたところを解説と照らし合わせて理解度をより高められるかと思います。

こちらは個人的かもしれませんが…

あまり分厚過ぎない教材

ものにもよりますが、やはり早い時間でマスターするためにはあまり分厚いものより、各タスク別にフォーマルされているものを選ばれた方が具体的な期間までに学びたい、強化したい!時に一役買ってくれるのではないかと思います!



おすすめ

おすすめタイプ別教材



教材といっても様々なタイプの教材があります!

特におすすめな教材をご紹介(個人的ですが…)

・書き込み式英語日記ドリル/アルク

一日一行でもオッケーな60個の日替わり構文を使って日記を書き込んでいく教材です!
説明もしっかりついていて、単語やフレーズもインデックスされているので自分の書きたい言葉を索引しながら日記がかけてとても便利で楽しい教材です。また毎日コツコツと学べ気がついたら英語力が上がっている!と実感がわきやすくとっても楽しく勉強できる教材かと思います。


インプット、アウトプットが同時に学べる教材!


・超右脳つぶやき英語トレーニング/総合法令

CDを聞きつぶやいて英語をマスターする教材です!
会話の内容、言葉のチョイスなどネイティブスピーカーが使うリアル英語が学べるのであーこういうシチュエーションでこんな言葉使うんだーっという新たな発見を見つけながら学べるのでとっても勉強になります。インプットアウトプットが出来るのでとっても効率がいい方法で英語をマスターできるのでおすすめです!


自分のニーズに合った教材を探して楽しく効率よく英語を学びませんか?












独学×英語の勉強法
無料×英語学習 (無料教材・サイト)
【初心者×英語のコツ】 入門>初級>中級まで確実になるマップ
早朝やる×英語!朝活英会話のススメ
【短期集中で英語マスター】 短期で特訓、英会話の合宿など
【英語のコツ】 辞書・辞典×上達する使い方
単語×勉強法 「英単語と英語レベル」
【英語のコツ】熟語・慣用句・イディオム
【英語のコツ】接続詞
【英語のコツ】 発音 (学習法×発音練習・矯正)
【英語のコツ】 音読・多読 (小説・エッセイ・雑誌・教材)
【英語のコツ】 リスニング×上達勉強法×無料教材
イギリス英語 - 発音・教材
【大人の英会話】 社会人・シニア×学習法
【英語教材】 おすすめ教材×活用法
【英語・英会話】 学習サイト&勉強サイト ~ネットで勉強 「ベスト10」
英語ニュース×学習法
英字新聞×英語学習法(日経版・朝日新聞)
ラジオ×英語学習法(インターネットラジオ・ダウンロード他)
英語CD・DVD教材×学習法 (おすすめ10選)
映画・海外ドラマ×学習法 (英語字幕あり)
「eラーニング」ってどう?
「iKnow!」ってどう?
「スピードラーニング」ってどう?
「聞くだけ英会話」ってどう?
「Real英会話(英会話アプリ)」ってどう?
「ピンズラー」ってどう?
「カランメソッド」ってどう?
「究極の英語リスニング(CD本・アプリ)」ってどう?
「DUO」ってどう?
「Side by Side(サイドバイサイド)」ってどう?
「ネクステージ英語」ってどう?
「Phonics(フォニックス)」ってどう?
「プログレス」ってどう?
「レバレッジ英語勉強法」ってどう?

|   利用規約   |   特定商取引法に基づく表示   |   運営会社   |   よくあるご質問   |   お問い合わせ   |  
Copyright (C) 2014 HELLOTALKING . All Rights Reserved.
. . . .